工場稼働率が低い、遊休機器がある――。そんな工場の悩みを、シェアリング(共有)で解決しようとしているベンチャー企業がある。車や自転車、高級バッグなどでシェアビジネスは社会に広がりつつあるが、製造業では「国内初のサービス」という。どんなビジネスなのか。エンジン点火プラグ最大手、日本特殊陶業の社内ベンチャー、「シェアリングファクトリー」の長谷川祐貴社長(45)に尋ねた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます