月曜日の朝、青い水平線から潮風が吹き寄せる保育所にかわいい贈り物があった。ハロウィーンを前に、高知県黒潮町上川口の大方くじら保育所に26日朝、魔女の帽子やカボチャお化けでいっぱいの「ハロウィンの砂像」が登場した。見つけた80人の園児たちは「すごい」「魔法使いがつくったんだ」と歓声をあげた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます