年末年始の休暇の分散取得を政府が経済団体などに求めることに関し、萩生田光一文部科学相は27日の閣議後会見で、「学校に休業延長を要請することは考えていない」と述べた。コロナ禍の長期休校で授業が遅れた学校が多く、冬休みは各教育委員会や学校設置者の判断に委ねる、とした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます