外貨建て保険の販売実態を調べている「生損保研究会ぐるーぷ31」が、契約者やその家族への聞き取り調査の結果をまとめた。銀行の勧誘を受けた高齢者が、仕組みをよく知らないまま定期預金をもとに契約したとみられるケースが大半を占め、苦情が相次ぐ背景の一端が明らかになった。研究会は銀行、生保業界に改善を求める方針だ。松田史朗…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます