沖縄初の芥川賞作家で、沖縄とは何かを小説や戯曲で多角的に問い続けた大城立裕(おおしろ・たつひろ)さんが27日、老衰で死去した。95歳だった。葬儀は30日午後2時から沖縄県浦添市伊奈武瀬1の7の1のいなんせ会館で。喪主は長男達矢さん。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます