平安時代に貨幣の鋳造所があった国史跡「周防鋳銭司(すおうのじゅぜんじ)跡」(山口市)で、平安初期の銅銭「承和昌宝(じょうわしょうほう)」の鋳造に失敗した「鋳損(いそん)じ銭」が見つかった。山口市教育委員会が27日発表した。承和昌宝の鋳損じ銭が出土したのは全国初という。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます