大阪市を四つの自治体に分割した場合、年度当たり218億円のコスト増になると市財政局が試算していたとの報道を受け、市側が27日に会見を開き、「218億円増えるとした財政局試算は、(大阪都構想の)特別区設置のコスト増とは全く関係ない」と説明した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます