店を閉めろと貼り紙をしたり、県外ナンバーの車をあおったり――。コロナ禍は改めて、日本社会の同調圧力の強さを見せつけました。その根っこを考えるうえで、注目されているのが「世間」論です。日本人は「社会」ではなく「世間」に生きている。そんな切り口で足元を見つめ直したのは、名著『ハーメルンの笛吹き男』で知られる歴史学者でした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます