生命の情報が書き込まれているDNAにできた傷を、光を使って治すための研究に、大阪大基礎工学研究科の山元淳平准教授たちが取り組んでいる。最近、治療に用いるためのたんぱく質をパワーアップさせることに成功し、実用化に向けて一歩前進した。かぎは桜餅に含まれている成分だという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます