菅義偉首相が就任して初の国会で、28日午後、衆院代表質問の論戦が始まった。トップバッター、立憲民主党の枝野幸男代表は首相に対し、日本学術会議の会員候補6人が任命除外された問題について「総理自身の判断ではないのか。誰がどんな資料や基準をもとに判断したのか。任命しなかった理由は何なのか」とただした。その上で「一刻も早く6名を任命して、違法状態を解消する以外、この問題の解決はあり得ません。」と訴えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます