日本初の本格的な宮廷庭園跡とされる奈良県明日香村の飛鳥京跡苑池(えんち)を構成する南北二つの池のうち、北池の水がたまる部分は卵の形をしていたことが明らかになった。県立橿原考古学研究所(橿考研)が28日、発表した。天武天皇の時代ごろ(7世紀後半以降)に大幅に改修されてその形になったとみられる。専門家は、後の日本庭園の始まりを予感させる動き、とも指摘する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます