ミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問が保有する古びた日本刀の修復作業が、岡山県瀬戸内市で進められることになった。26日、同市長船町長船の「備前おさふね刀剣の里」で引き渡しがあり、研ぎ師の横山智庸(とものぶ)さん(48)=赤磐市=が1年をかけて再び息を吹き込む。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます