あと一歩でサッカー・ワールドカップ(W杯)出場を逃した「ドーハの悲劇」、初出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」。こんな形容がつくのはサッカーの代表戦くらいでしょう。男子代表ベストイレブンを選んでもらうと、言及が多かったのはいずれも本大会に出場していない「あの人」でした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます