シアターコクーンの3代目芸術監督・松尾スズキの就任第1作は、都会の片隅に暮らすしがない人々への愛情がにじむミュージカルだ。毒のあるにぎやかな笑いの背後に同時代への鋭い批評が潜む松尾の劇世界を俳優たちが熱量と精度の高い表現で立体化。歴代芸術監督の串田和美、蜷川幸雄が強い個性を発揮した劇場を松尾カラー…

無断転載・複製を禁じます