ホームセンター大手の島忠をめぐる攻防戦が始まります。名乗りを上げたDCM傘下のDCMホーマックとニトリはいずれも北海道発祥の企業です。1990年代後半、厳しい経営環境で鍛えられた北海道の企業が相次いで全国銘柄になったことを「流通の北海道現象」と名付けた流通アナリストの鈴木孝之さんが、存在感を増す両社の実像や争奪戦の行方を語りました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます