歓楽街の感染対策を検討してきた政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の作業部会は29日、日ごろから行政と事業者や地域団体が信頼関係を築き、感染が拡大しそうな局面で早期に重点的な検査を実施することを要点とする対策をまとめた。6月以降の「第2波」では、大都市の歓楽街から家庭や職場、地方に感染が広がったと分析。歓楽街での対策を強化することが、今後の感染拡大を防ぐポイントになると位置づけた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます