岩手県滝沢市の盛岡農業高校で9月、ハンマー投げの練習中に投げたハンマーがあたって生徒2人が負傷した事故について、佐藤博・県教育長は29日、県内の高校の練習場を点検した結果、ただちに使用を中止する必要があるような不備は認められなかったと明らかにした。事故が起きた状況については、専門家の意見を聞きながら調査を進めているという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます