大阪市を四つの自治体に分割した場合、年度当たり218億円のコスト増になるとした市財政局の試算について、東山潔・財政局長は29日に再び記者会見して謝罪した。「誤った考え方に基づき試算した数値が報道され、市民に誤解と混乱を招いた」と述べた。会見冒頭で松井一郎市長から「存在しない架空の数字を提供することは捏造(ねつぞう)」と言われたと明かした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます