闇夜に赤い城が燃えさかる、無残な光景が目に焼き付いている。15世紀から450年続いた琉球王国の政治と文化の中心、首里城の焼失から7カ月たった今年5月。琉球史研究の第一人者で、首里城復元の時代考証を担う高良倉吉さん(72)に聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます