民間調査会社の都道府県「魅力度ランキング」で最下位になった栃木県について語り合おうと、情報発信役の「とちぎ未来大使」や経営者らが30日、県庁で緊急ミーティングを開いた。佐野市出身のシンガー・ソングライター河口恭吾さんは「(大使を)もっと使ってほしい」と述べ、今まで以上に県の魅力度向上に貢献する意欲を示した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます