11月1日に開かれる第52回全日本大学駅伝対校選手権(朝日新聞社など主催、長谷工グループ特別協賛)に向けた会見が10月31日、名古屋市内で開かれた。新型コロナウイルスの感染防止策として、今年はオライン方式による会見。2連覇のかかる東海大、昨年2位で2年ぶりの優勝を狙う青学大、昨年3位で6年ぶり13度目の王座をめざす駒大の優勝候補3校の監督が参加し、抱負を語った。選手たちは午前8時5分に名古屋・熱田神宮西門前でスタートを切り、三重・伊勢神宮内宮宇治橋前まで8区間、106・8キロを駆け抜ける。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます