巨匠モーリス・ベジャールが1993年、東京バレエ団のために振り付けた「M」がこの秋、東京で10年ぶりに再演された。音楽は黛敏郎。三島由紀夫の人生と作品を、ベジャール独自の美学を礎に編みあげた現代バレエの傑作を、小説家の佐藤究さんが評する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます