北海道寿都町が「核のごみ(原発から出る高レベル放射性廃棄物)」の最終処分場選定プロセスの第1段階の「文献調査」に応募したことを巡り、異議を唱える町民が制定を求めた住民投票条例案が13日、町議会で否決された。片岡春雄町長が応募を主導する一方、議会はほとんど公開での議論を行わないまま、町長の決定を追認する形となった。原田達矢、佐久間泰雄、伊沢健司…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます