医療従事者の認識がまだ甘いのではないか――。新型コロナウイルス感染拡大が「第3波」を迎える中、そう指摘する医師がいる。大阪で重症者が急増している原因の一つに、病院の対応がばらついている可能性もあるといわれている。どういうことなのか。大阪府のコロナ対策本部会議の委員を務める、りんくう総合医療センターの倭(やまと)正也・感染症センター長に聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます