バイデン次期米大統領が副大統領時代、駐米大使として接した佐々江賢一郎氏(69)が19日、朝日新聞のインタビューに応じた。佐々江氏はバイデン氏について「気さくで、老練な政治家」と説明。外交通で日米関係を重視しているとする一方、在日米軍駐留経費をめぐる問題では、トランプ政権と同様に日本側に負担増を求める可能性が高いとの見方を示した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます