新型コロナウイルスで打撃を受けた旅行大手のJTBが、人員と店舗の大幅削減に踏み切った。旅行需要の本格的な回復は2021年度も期待できないとみて、会社のスリム化で生き残りをはかる。インターネット予約サイトの台頭を受け、店舗の効率化はコロナ禍の前から課題とされてきた。今回環境の急変で大なたをふるうこととなった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます