茨城県境町で26日から、自動運転バスの定期運行が始まる。町がソフトバンクの子会社「BOLDLY(ボードリー)」などと協力してバスを約5年間運行する。同社によると、自治体が自動運転バスを公道で長期にわたって定期運行するのは全国初。バス運転手の人手不足を補い、高齢化が進む地域住民の足の確保を目指す。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます