全国でも例が少ない八角墳の中尾山(なかおやま)古墳(8世紀初め、奈良県明日香村)について詳しい構造が判明した。墳丘の外周に八角形状の石敷きが3重分あったことが確認され、石室は赤く塗られていた。村教育委員会と関西大が26日発表した。八角墳は天皇墓の特徴といい、専門家は飛鳥時代の文武(もんむ)天皇陵だった可能性が高まったと指摘する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます