7月に九州を襲った豪雨から、まもなく5カ月。旅館を営む家族4人が犠牲になった大分県由布市の湯平(ゆのひら)温泉で29日、コスプレイベントが開かれた。「電脳女将(おかみ)」のキャラクターを生み出し、SNS上で積極的な発信を続けた旅館の若旦那が、亡くなる直前に地元観光協会理事として企画した初の催し。SNSとは縁の薄いおやじたちが遺志を継いで実現した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます