菅義偉首相は1日、2020年度末で期限を迎える国土強靱(きょうじん)化緊急対策について、25年度末まで延長し、今後5年間の事業規模を15兆円程度とすることを閣僚に指示した。18年の西日本豪雨や台風21号の被害を受け、緊急対策として3年間で進めてきたが、延長期間、事業規模ともに与党の求めに応じた形となった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます