十字架の先のキリストを見上げるまなざし。胸の前で交差した手には燃える心臓。教科書でおなじみの肖像画が、大阪府北部にあった「隠れキリシタンの里」で発見されてから今年で100年になる。ある収集家の熱意で神戸にたどり着き、現在は神戸市立博物館(中央区)に所蔵されている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます