(左上から時計回りに)マクルーハン『メディア論』、片山敏彦『詩心の風光』、長田弘『世界はうつくしいと』、フランクル『夜と霧』、アーレント『全体主義の起原』、丸山真男『戦中と戦後の間』、ムーア、キャンベル『フロム・ヘル』、メイ・サートン『独り居の日記』、レヴィ=ストロース『野生の思考』、ピケティ『21世紀の資本』=みすず書房提供
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
無断転載・複製を禁じます