テルヲの借金から逃れるため、道頓堀を去る千代。新天地に向かう小舟から夜の街灯の映る川面を見てつぶやく。「こないなどぶ川にも、花が咲くねんな」。この時、数えで18歳。桂吉弥のナレーションも温かかった。「千代ちゃんにもいつか、花咲かせる日が、きっと来るで」
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
無断転載・複製を禁じます