福岡国際マラソン選手権で、川内優輝の一番の思い出は2016年の第70回大会。右足を痛めて出場が危ぶまれたのに加え、レース2日前に左足首をねんざ。その状況から2時間9分11秒で日本選手トップの3位でゴールした
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
無断転載・複製を禁じます