広島・宇品で病院への治療に通う親子。子どもは顔と手などにやけどを負い、母親は足と背中のやけどで片肌を脱いでいる。焼けた乳母車を工夫して手押し車にしている=1945年8月10日~11日、広島市皆実町(現:広島市南区皆実町)2丁目、宮武甫撮影
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
無断転載・複製を禁じます