現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. ビジネス・経済
  4. 新華社経済ニュース
  5. 記事
2013年1月9日15時31分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

習近平総書記、「中ロ戦略協力関係の発展は中国外交の優先事項」

【新華網】中国の習近平共産党総書記は8日、北京の人民大会堂で中ロ間の第8ラウンド戦略安全協議に参加するため中国を訪問しているロシア連邦安全保障会議のパトルシェフ書記と会談した。

会談のなかで習総書記は、「中ロの全面的な戦略協力パートナー関係を確固不動に発展させることは中国外交が優先させる方向だ。新年に中ロが戦略安全協議を行うことはタイムリーかつ必要なものだ。国際情勢が急速で複雑かつ深刻な変化に直面している現在、中ロは国際情勢の健全な発展を推進し、国際戦略の均衡を守る建設的パワーとして政治分野での相互支持と国際・地域事務における協力をさらに強化し、各自の発展と振興を実現するために平和・安全・安定的な外部環境を創り出して、国連憲章の趣旨と原則を共同で維持し、世界の公平と正義を守り、国際関係の民主化を推進すべきだ」と強調した。

また、「中国は両国の経済貿易、エネルギー、投資、金融、航空・宇宙飛行といった分野における協力の強化に関するプーチン大統領の提案に賛同し、ロシアとの実務協力を拡大し、共同発展を促進したい」と表した。

パトルシェフ書記は、「新しい年を迎え、ロシアは両国のハイレベル交流を引き続き強化し、重大な問題において密接な意思疎通を保つことを希望する。各分野における実務協力と人文交流を推進し、尊重し合い、平等で相互信頼の上に、ロ中の全面的な戦略協力パートナー関係を新たなステップへと発展させたい」と述べた。

(翻訳 孫義/編集翻訳 伊藤亜美)

新華通信社
Copyright(C) 2013 XINHUA.JP All Rights Reserved.
著作権は新華通信社に帰属します。無断転載を禁じます。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介