[PR]

 [1日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>の株価が1日、一時12%超の下げとなった。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)のツイッターアカウントに「テスラの株価は高すぎる」と投稿されたことを受けた。

 このようなツイートは珍しく、マスク氏のアカウントが不正アクセスされた可能性がある。マスク氏本人のツイートなのか現時点で確認は取れていない。テスラおよびツイッターは現時点で同件に関するコメント要請に応じていない。

 テスラ株価は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)によって製造が中断されているにもかかわらず、ここ数週間で急上昇。ただ第1・四半期決算が発表された29日以降は下げに転じている。

 もっともこの日の下げを含め、株価は2019年5月1日から40%超上昇している。

 マスク氏のアカウントでは今週、29日に行われた決算説明会でのコメントや、工場の操業停止につながっているカリフォルニア州の外出制限措置に対する批判などがツイートされている。

 

 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)