写真・図版 5月13日、菅義偉官房長官は午後の会見で、米ラスベガス・サンズが同日、日本での統合型リゾート(IR)内におけるカジノ設立計画断念を公表にしたことに対し、個別の案件にはコメントしないと述べた。写真は都内で2018年8月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[PR]

 [東京 13日 ロイター] - 菅義偉官房長官は13日午後の会見で、米ラスベガス・サンズ<LVS.N>が同日、日本での統合型リゾート(IR)内におけるカジノ設立計画断念を公表にしたことに対し、個別の案件にはコメントしないと述べた。ただ、現時点で基本的にIRに関するスケジュールを変更する予定はないと語った。

 サンズがライセンス期間10年について、短すぎることを計画断念の理由にしているとの質問に、菅官房長官はすでに決定した内容を「変更する考えはない」と述べ、ライセンス期間の延長に否定的な見解を示した。

 一方、学校における気温上昇時の体育でのマスク着用の基準などは、スポーツ庁で方針を決めるとの見解を示した。また、学校以外での高温時のマスク着用の有無などに関しては、関係省庁で今後、調整していくとした。

 

 (田巻一彦)