写真・図版 7月8日、中国電子商取引大手アリババ・グループ傘下の金融会社アント・グループが年内にも香港市場で新規株式公開(IPO)を行う計画であることが関係筋の話で明らかになった。時価総額2000億ドル以上を目指しているという。写真は浙江省杭州市のアント本社。2018年1月撮影(2020年 ロイター/Shu Zhang)

[PR]

 [香港 8日 ロイター] - 中国電子商取引大手アリババ・グループ傘下の金融会社アント・グループが年内にも香港市場で新規株式公開(IPO)を行う計画であることが関係筋の話で明らかになった。時価総額2000億ドル以上を目指しているという。

 関係筋によると、アントは香港と中国本土での同時上場を探ってきたが、香港市場のほうが手続きが円滑に進むとの見方から、香港への上場を優先する計画に傾いている。

 IPOでは5%から10%の株式売却を検討しているという。実現すれば今年の世界最大のIPOとなる。

 同筋はアントが過去数か月間、アドバイザーとIPOについて協議してきたと述べた。ただ計画の詳細は決まっておらず、変更になる可能性もあるとしている。

 アントはIPO計画に関する情報は正確ではないと述べた。アリババのコメントは得られていない。

 アントはアリババ・グループ・ホールディングス<BABA.N><9988.HK>が株式の33%を保有し、アリババの創業者馬雲(ジャック・マー)氏が経営権を握っている。本社は中国東部の杭州。

 アントは2018年の資金調達時は企業評価額が約1500億ドルだったが、少数が2019年終盤に企業評価額2000億ドルの水準で取引された。[nL4N29P0IN]

 同社は中国のモバイル金融のトップ企業で、アプリを通じた融資や決済、保険、資産運用などのサービスを手掛ける。最近では金融リスクに関する規制が強まる中、フィンテックに力を入れている。

 ロイターが把握した決算書類によれば、昨年の収入はおよそ1200億元(171億ドル)、純利益は約170億元だった。

 アントの香港市場上場が実現すれば、国家安全維持法の施行で揺らぐ香港の国際金融センターとしての地位を高めることになる。