[PR]

 [東京 28日 ロイター] - 理研ビタミン<4526.T>は28日、提出が遅れていた2021年3月期第1・四半期の報告書を関東財務局に提出したと発表した。同社は東証から10月15日付で監理銘柄(確認中)に指定され、28日までに報告書を提出できない場合は整理銘柄となり、上場廃止の可能性があった。

 東証は29日付で監理銘柄(確認中)の指定を解除する。

 理研ビタミンは、中国子会社の会計処理について外部専門家による特別調査を実施しており、28日に過去の決算短信の訂正を公表。原因分析などをまとめた調査報告書は11月中旬に受け取る予定という。 

 

 (内田慎一)