写真・図版12月1日、 次期米財務長官に起用されたジャネット・イエレン連邦準備理事会(FRB)前議長は、米国が新型コロナウイルス流行とそれに伴う景気低迷に端を発する歴史的な危機に直面しているとの認識を示した。写真は2019年1月、アトランタで会議に出席するイエレン氏(2020年 ロイター/Christopher Aluka Berry)

[PR]

 [ワシントン 1日 ロイター] - 次期米財務長官に起用されたジャネット・イエレン連邦準備理事会(FRB)前議長は1日、米国が新型コロナウイルス流行とそれに伴う景気低迷に端を発する歴史的な危機に直面しているとの認識を示した。

 米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領はこの日開催したイベントで、イエレン氏ら自身の経済チームの陣容を正式に発表した。

 イエレン氏は同イベントで「迅速に行動することが不可欠で、行動しなければ自ら低迷を招き、一段の荒廃を引き起こすことになる」と言明した。

 さらに、コロナ禍がとりわけ貧困層に打撃を与えたとした上で、全ての人が景気回復の恩恵を受けることを確実にすることが重要と述べた。