写真・図版米商務省が21日発表した2020年12月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比5.8%増の166万9000戸と、市場予想の156万戸を上回った。サウスカロライナ州ヨーク郡で昨年2月撮影(2021年 ロイター/LUCAS JACKSON)

[PR]

 [ワシントン 21日 ロイター] - 米商務省が21日発表した2020年12月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比5.8%増の166万9000戸と、市場予想の156万戸を上回り、2006年9月以来の高水準となった。歴史的低水準にある住宅ローン金利が市場を支え、許可件数も大きく伸びたが、木材価格の高騰や労働力不足で勢いが鈍化する可能性もある。

 着工件数は前年比で5.2%増加した。通年では7%増の138万戸だった。

 先行指標である許可件数は前月比4.5%増の170万9000戸と、06年8月以来の高水準。通年では4.8%増の145万2000戸だった。

 最も大きなシェアを占める一戸建て住宅の着工件数は、季節調整済みの年率で12.0%増の133万8000戸で、8カ月連続で増加した。許可件数は7.8%増の122万6000戸だった。

 ただ、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により、建設業界の労働力にも影響が出ている。

 今回の調査では、1月に一戸建て建設業者の間で景況感が低下していることも示された。業者からは、木材や他の材料費に関連する供給側の制約のほか、手頃な土地の不足、納期の遅れと住宅価格上昇につながる労働力不足について不満の声が聞かれた。

 変動の激しい集合住宅の着工件数は13.6%減の33万1000戸。許可件数は3.0%減の48万3000戸だった。

 ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、ライアン・スイート氏は「木材を含む材料価格の上昇は、建設業者の信頼感を圧迫し、住宅の値頃感低下につながり始めている」と述べた。

 *内容を追加しました。