写真・図版 米航空機大手ボーイングは28日、電気系統の問題により「737MAX」の納入を停止したことを明らかにした。米ワシントン州で2015年12月撮影(2021年 ロイター/Matt Mills McKnight)

[PR]

 [28日 ロイター] - 米航空機大手ボーイングは28日、電気系統の問題により「737MAX」の納入を停止したことを明らかにした。

 737MAXは墜落事故を起こして運航停止となったが、昨年終盤に再開した。しかし米連邦航空局(FAA)は28日、ボーイングに不具合の改修を命じた。

 カルホーン最高経営責任者(CEO)は、決算発表後のアナリストとの電話会議で、737MAXの納入を停止したと明らかにした。電気系統の問題がいつ解決できるか見通しは示せないと述べた。