[PR]

 [北京 23日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は23日、ノンバンク決済企業に対し、国内外での新規株式公開(IPO)計画に関する報告を義務付けると発表した。

 インターネット企業が広く採用している変動持分事業体(VIE)スキームを利用して国外に上場しようとする決済企業に適用される。

 また、500社以上の顧客または5000件以上の顧客データの漏えいや純資産総額の5%以上に当たる投資に関する報告も義務付けるとした。