写真・図版  11月10日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比76円40銭安の2万9209円06銭となり、続落して始まった。写真は2009年11月、都内の株価ボード(2021年 ロイター/Toru Hanai)

[PR]

 [東京 10日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比76円40銭安の2万9209円06銭となり、続落して始まった。前日の米株安を嫌気する形となっている。

 トヨタ自動車は小高い一方、ホンダ、ソニーグループは下落しており、主力株はまちまち。東京エレクトロンなど半導体関連株はマイナスが目立つ。 指数寄与度の大きいファーストリテイリング、ソフトバンクグループはマイナスとなっている。