[PR]

 [東京 28日 ロイター] - 金融庁は28日、新生銀行グループの投資運用会社、新生インベストメント・マネジメントに金融商品取引法に基づく業務改善命令を出したと発表した。適切な資産運用・管理や顧客対応が行われていないと判断したため。

 金融庁によると、新生インベストメントは投資対象であるファンドの具体的な融資先を把握していなかったほか、融資の回収可能性の検証もしていなかったという。中途解約の方が顧客にとって有利になる可能性があることを認識したにもかかわらず、言及しなかったことも明らかにした。

 証券取引等監視委員会は21日、同社に対し行政処分をするよう金融庁に勧告していた。