写真・図版米連邦準備理事会(FRB)のクック理事は15日、FRBは「あまりにも高すぎる」インフレへの対応に注力しており、企業や議員らが労働市場における格差の問題に対応できる方が好ましいかも知れないと述べた。8月25日撮影(2022年 ロイター/Jim Urquhart/File Photo)

[PR]

 [15日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のクック理事は15日、FRBは「あまりにも高すぎる」インフレへの対応に注力しており、企業や議員らが労働市場における格差の問題に対応できる方が好ましいかも知れないと述べた。

 カナダ銀行(中央銀行)が開催したイベントで「周知の通り、金融政策は鈍器だ」とし、「FRBの焦点はインフレ対処であり、われわれは持続可能で力強い労働市場を望んでいる」と語った。