写真・図版 7月30日、経済産業省が発表した6月鉱工業生産指数速報は前月比3.6%低下し、3カ月ぶりに減少した。ロイターの事前予測調査では同2.0%低下と予想されており、これ以上の減少幅となった。写真は5月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[PR]

 [東京 30日 ロイター] - 経済産業省が30日発表した6月鉱工業生産指数速報は前月比3.6%低下し、3カ月ぶりに減少した。ロイターの事前予測調査では同2.0%低下と予想されており、これ以上の減少幅となった。

 6月は大幅な減少となったが、経産省は4月、5月と上昇が続いた反動減もあるとみており、4─6月期の生産は前期比プラス0.5%となる見込み。

 6月に低下した業種は自動車工業、生産用機械工業、電気・情報通信機械工業など。無機・有機化学工業、石油・石炭製品工業は上昇した。

 生産予測指数は7月が前月比2.7%上昇、8月が同0.6%上昇となった。

 経済産業省は生産の基調判断を「総じてみれば、生産は一進一退」として据え置いた。

 *詳細を追加しました。