写真・図版米上院は4日、1兆9000億ドル規模の新型コロナウイルス追加経済対策法案の審議開始に向けた動議を賛成51反対50で可決した。写真は3月3日、ワシントンの議会議事堂前で撮影(2021年 ロイター/Leah Millis)

[PR]

 [ワシントン 5日 ロイター] - 米上院は4日、1兆9000億ドル規模の新型コロナウイルス追加経済対策法案の審議開始に向けた動議を賛成51反対50で可決した。党の路線に沿って共和党議員全員が反対票を投じた。また共和党議員が法案全文の読み上げを要求したため、最終採決は週末にずれこむ。

 法案全文の読み上げは11時間近くかかり、終わったのは5日午前2時(日本時間午後4時)過ぎ。いったん散会し、午前9時に再開する予定。

 上院民主党は党内の全面的な支持を確保するため法案を修正。小規模な州への支援やインフラ事業への支出を拡大するなどした。

 ただ、失業保険の特例加算を修正する一部議員の試みは実現せず、上院の法案は8月29日まで上積み額を週400ドルとする下院の計画を維持した。今後の審議で300ドルなどへの修正を目指す動きが出るかどうかは不明。

 下院を通過した法案で5億ドルとされている地方の人口が少ない州政府への支援規模は、昨年の新型コロナ経済対策と同額の12億5000万ドルに引き上げられた。

 インフラ事業向け支出は100億ドル、医療機関向けは85億ドル引き上げ、失業者向け医療費補助も拡充した。

 民主党上院トップのシューマー院内総務は「今こそ、米国民に対する大きく、大胆で、強力な支援で前進させる時だ」と言明した。

 一方、共和党上院トップのマコネル院内総務は、法案には新型コロナへの直接的な対応につながらない条項が多すぎると指摘した。

 「特定された民兵組織」が4日に連邦議会への侵入を試みる計画を企ているという情報が3日に伝わったことで、議会周辺には厳戒態勢が敷かれているが、これまでのところデモ隊などの姿はほぼ確認されていない。

 *情報を追加しました。