[PR]

 (28日配信の以下の記事で、本文第3段落の「凍結」を「接収」に訂正します。第1段落の表現も修正します。)

 [東京 28日 ロイター] - 鈴木俊一財務相は28日の参院決算委員会で、日銀が保有するロシア中央銀行の資産を対ロ経済制裁の一環として接収することは現行法上はできないとの見解を示した。古賀之士委員(立憲)への答弁。

 古賀氏はロシアが経済制裁への報復として外国企業の資産凍結などを行っており、日本として対抗上、日銀が保有しているロシア中銀の外貨資産の接収は可能かと質問した。

 鈴木財務相は「一般論として、日銀法をはじめとした法令で、外国中銀が日銀に預けている外貨準備を接収することを可能とする規定はない。故に政府は外国中銀が日銀に保有する外貨資産を接収(訂正)することはできない」と説明した。